デカフェ

H17年より新しく特定保健用食品の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の日本語の文章を表示すること各メーカーに義務付けられている。
ハーバード医科大学(HMS)の調べによれば、毎日2カップ以上デカフェコーヒーに変えると、なんと直腸ガンの危険性を半分以上も減少させることができたそうだ。
多くの人に水虫イコール足、ことさら足の裏に現れやすい病気として知られていますが、原因菌である白癬菌が感染するのは足だけということはなく、体のどこにでも感染するという危険性があるのです。
演奏会やライブなどの開催されるホールやダンス広場などにある特大スピーカーの真ん前で大音量を聞いて難聴になってしまうことを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と呼んでいます。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、3〜4日ちゃんとお薬を飲めば、普通、90%近くの患者さんの自覚症状は消えてなくなりますが、イコール食道粘膜のダメージや炎症が治癒したことを意味しないので留意してください。
酒類に含まれるアルコールを分解する働きがあるナイアシンは、不快な宿酔に効く成分です。辛い宿酔の根源物質だといわれているエチルアルデヒドという物質の無毒化に関係しています。
脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みを鎮静化させ、あらゆる覚醒などを操作しており、気分障害(うつ病)の患者さんでは動きが鈍化していることが広く知られるようになった。
日々の折り目正しい生活の保持、暴飲暴食しないこと、適度な軽い運動等、アナログともいえる身体に対するおこないがお肌のアンチエイジングにも関係しているといえます。
急性中耳炎(Acute otitis media)は、最もよくある中耳炎で小さな子供によく発症する病気です。激しい耳痛や38℃台の発熱、真っ赤な鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(耳垂れ)などのありとあらゆる症状がみられます。
アミノ酸のグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を不十分にしたり変異を誘引するような悪質な物質を体の中で無毒化し、肝臓の力を促すような力が認められているのです。
耳鳴りは2種類に大別され、当事者にしか聞こえないというタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように当事者以外の人にも性能の良いマイクロホンを利用してみると感じられると言われている「他覚的耳鳴り」があります。
脚気(かっけ)の症状としては、手や脚がしびれるような感覚があったり脚の著しいむくみなどが代表的で、症状が進行してしまうと、重症の場合、呼吸困難に至る心不全などを齎す可能性があるとのことです。
子供の耳管の仕組みは、大人の耳管に比べると幅があり短い形であり、加えてほぼ水平になっているため、バイ菌が入りやすくなっているのです。小さな子どもがよく急性中耳炎に罹るのは、この構造が関係しています。
環状紅斑(かんじょうこうはん)は輪状、つまりは輪っかのような円い形状をした紅い色の発疹や鱗屑など、皮膚のトラブルの総合的な病名であって、その病因は本当に多種多様だということができます。
下腹の激しい痛みがみられる代表的な疾患には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、女性特有の病気など、色々な部位の病気がみられます。